法要

法要等随時受付けています。
どなたでもお気軽にご相談ください。

 
故人が亡くなられた月日のことを「祥月命日」といい、決められた年の「祥月命日」に法事を営む
ことを年忌法要といいます。
この年忌法要で行われるのが追善供養です。
追善とは、生きている者が故人の霊のために追って善行を修めることであり、故人を偲び、冥福を
祈るために、家族や親族の他、故人と親しかった人などを招いて行います。
 
    ■お申込みの流れ
 

1. 希望の日時をお考えください。

2.  故人のお名前、戒名、ご命日等をご確認ください。

3. おおよその参加人数を取りまとめください。

4. お寺で会食をするかどうかお決めください。(施設使用料4,000円)※業者の紹介も可能です。

5. 電話にてご相談ください。法事申込書をお送りいたします。

 
■よくある御質問 

1. 所要時間は?・・・おおよそ40分くらいです。

2. 位牌は必要ですか?・・・お位牌があればお持ちください。

3. 卒塔婆は必要ですか?・・・

「塔婆」とは「卒塔婆」の略語で、サンスクリット語のストゥーバがルーツです。昔、お釈迦さま
が入滅したあと、その舎利(遺骨)を納めた塔(ストゥーパ)を建てて供養したのが始まりです。
それが日本に伝わり、三重塔や五重塔、多宝塔の意味となり、それが簡略化され年忌法要などに
用いられる板塔婆となりました。
現在では、故人や先祖を供養する追善供養の目的で立てられますので、卒塔婆を建てられることを
お薦めいたします。
施主様以外の方が建てることもできます。

4. 檀家以外でもできますか?・・・可能です。ご相談ください。